[雑記] GitHubで1つのディレクトリに表示できるのは1000ファイルまでだった

投稿者: | 2017年10月22日

GitHubのサイトで、いつものようにコードを漁っていたら見慣れないメッセージが表示されている事に気がつきました。

Sorry, we had to truncate this directory to 1,000 files. 3,377 entries were omitted from the list.

申し訳ありませんが、このディレクトリを1000個のファイルに切り捨てる必要がありました。 リストから3,377件のエントリが削除されました。
(訳:google翻訳さん)

cloneすれば済む話だけども、見たいファイルは一つか二つなんです。
何か見る方法は無いのか・・・あります!
GitHubで提供しているファイルファインダ(file finder)機能を使います。

はじめに

ファイルファインダ(file finder)機能は、Githubのインクリメンタルサーチ(?)機能です。

ファイルファインダを有効化するには

ショートカットキーのt(Activates the file finder)により、ファイルファインダを有効にします。

上部の入力欄にformula/nodeと入力するとマッチするファイルがリストされます。

このファイルファインダは完全に前方一致ではなく、部分で一致するので、fonodeのような検索もできます。このマッチの仕方って何て呼べばいいのだろうか・・・